予約カレンダー 各種予約はこちらから

希望する行事のアイコンをクリックすると、
予約フォームが立ち上がります。

働く人を知る

Ueno Shinpei 上野 心平 5階B病棟看護課(消化器・呼吸器外科)
2015年入職

SCENE 01
淀川キリスト教病院を選んだ理由と魅力

教育体制の充実、
認定看護師の層の厚さに
魅力を感じた

家族や親せきに医療関係者が多く、看護師という仕事に自然と興味を持つようになりました。ただ、看護学校に通い始めた頃はまだこの道に進むとは決めきれず、看護師資格を取得できれば将来の選択肢が広がるかも…とぼんやり未来を思い描くだけでした。しかし進級して疾患の知識が増えるにつれて徐々に仕事への意欲が高まり、看護師として働くことを決意。職場の人間関係の良さを軸にいくつかの病院の説明会に足を運ぶなかで、淀川キリスト教病院と出会うことができました。他とは全然違うと驚いたのが、教育体制の充実ぶりです。クリニカルラダーに基づくきめ細かい指導カリキュラムがあり、認定看護師や専門看護師などスペシャリストへの多彩なキャリアパスが用意されていることにも魅力を感じ、当院への入職を決めました。

SCENE 02
現在の仕事とやりがい

念願の周手術期看護に携わり、
やりがいひとしお

1~2年目のほとんどを呼吸器内科で学び、3年目を目前に現在の消化器・呼吸器外科に異動になりました。実は私は入職前から周手術期看護に興味があり、急性期の最前線で看護に携わりたいとずっと異動希望を出していたんです。それがやっと認められ、異動が決まった時は嬉しかったですね。でも、その一方で心配も。私はそんなに要領が良い方ではなく、前の病棟でも業務に慣れるまでに結構時間がかかっていたんです。しかも今の病棟は自ら希望して移った職場だったので、より一層プレッシャーがありました。しかしいざ仕事を始めてみると、手術前の準備や術後の管理、人工肛門などの装具の使い方説明や交換などもスムーズにこなせ、ホッとひと安心。手術後に患者さまが回復して退院される時、見違えるほど元気な様子を見るたびに看護師という仕事に就いて本当に良かったと感じています。

SCENE 03
めざす将来像

外科での経験を糧に、
将来は化学療法センターで
活躍したい

現在の病棟であと5年は経験を積み、さらなる外科の知識を身につけた後、将来は化学療法センターで働いてみたいと思っています。以前いた呼吸器内科病棟でも化学療法には少し触れていましたが、外科の経験を積んでから学ぶ専門知識はまた見方が変わるはず。例えば、抗がん剤投与中の患者さまの経過を見ながら、今後の治療について医師にも的確な進言ができるような存在をめざしたいと思います。当院はどの病棟に配属になったとしても、知識や経験をレベルアップできる環境があるのが魅力。先輩方もみんな厳しくもあたたかい方ばかりなので大いに成長できると思います。男性看護師が年々増えている淀川キリスト教病院なら今までに以上に活躍の場が広がるのではと、期待しています。