予約カレンダー 各種予約はこちらから

希望する行事のアイコンをクリックすると、
予約フォームが立ち上がります。

働く人を知る

Kaneko Kana 金子 加那 救急看護課
2012年入職

SCENE 01
淀川キリスト教病院を選んだ理由と魅力

病院見学で感じた
あたたかい雰囲気が
入職の決め手

看護師としてどんな環境で働きたいかを考えた時、真っ先に思い浮かんだのが「あたたかい看護」を提供できることでした。目指す看護がどこでできるか考え、かねてより「看護師がやさしい」と聞いていた淀川キリスト教病院の見学に参加することを決めました。実際に現場を訪れてみると本当に病棟の雰囲気がよく、その時にお会いした人事の方の丁寧な対応にも惹かれ、大いに興味を持ちました。入職の決め手になったのは、Tender Loving Careという看護部の理念です。聴く姿勢を大切に患者さま一人ひとりに寄り添うあたたかい看護を実践したいと考えていた自分の看護観にもぴったり合うと思い、入職を決めました。

SCENE 02
現在の仕事とやりがい

生命の危機を救う喜びと、
その死生観に寄り添う
大切さを実感

1年目の消化器内科を経て、2年目から現在の救急看護課で勤務しています。患者さまともっとじっくりかかわりたいと思っていた矢先の異動だったので、最初は正直ショックで。救急外来に滞在する限られた期間の中で患者さまにどう接すればいいのかと、悩んだこともありました。しかし勤務が始まると、3次救急にも対応できる2次救急という当院ならではの環境にやりがいを感じるようになりました。比較的軽症な方から重症な方まで患者さまの状態が幅広く、看護師として様々な経験が積めることを実感。なかでもチーム医療の一員として生命の危機に瀕する患者さまを救えた時の喜びは大きいと感じています。また、超高齢社会の現代は今後さらに看取りが増えることも予想されます。救急看護課は治療が第一に優先される場ではありますが、私は患者さまの生活背景や想い、ご家族のケアにも心を配り、その方の人生観や死生観に寄り添う看護を大切にしたいと考えています。

SCENE 03
めざす将来像

将来は、心身の土台作りから
提案できる看護師に

まずは救急看護課で経験を重ね、的確な知識と技術を身につけながら看護師としてステップアップしたいと思っています。今は重症度や緊急性の高い症状が出現した患者さまへの看護が中心ですが、今後は心身の土台作りについても学びたいと思っています。実はこう考えるようになったのは自身の妊娠がきっかけで、ひどいつわりに悩まされたことから免疫力アップや身体づくりに興味を持つようになりました。ゆくゆくは「病気にならず心身ともに健康でいるためには何が大切なのか」という予防の側面から、西洋医学のみに限らず、統合医療の観点を含めて、患者さまにアプローチできる看護師として活躍できればと思っています。