看護部を知る

看護部長からのメッセージ

めざす看護の実践が、
あなたをもっと成長させる

すべての看護師が「全人医療」に基づいた
Tender Loving Care(やさしくゆきとどいた看護の実践) という目標に向かって力を合わせているのが、当院看護部の特長です。
ただし「やさしく」と言っても、それは単に甘やかすことではなく、患者さま一人ひとりの 価値観や考え方を尊重した上で適切な知識や技術をもとに看護することを指します。
急性期病院という環境の中でこうした看護を実践することは簡単ではありませんが、 当院の看護師やチーム医療に携わるメンバーはもちろん、管理部門のスタッフも含めた 全員が高い志を持って、その実現に挑んでいます。

地域の中核病院である当院の役割は今後ますます広がり、さらなる地域連携強化が求められるでしょう。
病院看護師と訪問看護師の連携、専門・認定看護師による外来対応など、 病棟だけにとどまらない看護がすでに始まっています。

やさしくゆきとどいた看護をより多くの患者さまへ、 この想いに共感してくれるみなさんとお会いできることを楽しみにしています。

副院長兼看護部長 福田 峰子