予約カレンダー 各種予約はこちらから

希望する行事のアイコンをクリックすると、
予約フォームが立ち上がります。

働く人を知る

先輩看護師 ICU看護課
2015 年入職

SCENE 01
淀川キリスト教病院を選んだ理由と魅力

全人医療に基づく
看護への共感と
万全の支援体制が決め手

救命救急センターを舞台にした医療ドラマを見て、「かっこいい」と憧れたのが看護師を志したきっかけです。淀川キリスト教病院を選んだのは、病院見学会に参加した時、患者さまの人生観や価値観を尊重する「全人医療」に基づく看護の実践を掲げる理念に共感したのが理由の一つ。それともう一つ、看護師のスキルアップやキャリアアップへの支援体制が整っている点に魅力を感じ、入職を決めました。実際、当院は教育研修がとても手厚く、様々な院内研修のほか、院外のセミナーにも積極的に参加できるので幅広い知識が身に付き、仕事へのモチベーションも上がります。また、急性期医療から緩和医療、在宅看護まで様々な看護を経験できるのもポイント。働きながら「なりたい看護師像」をめざし、様々に挑戦できるのは当院ならではの魅力だと思います。

SCENE 02
現在の仕事とやりがい

適したケアを考え、
実践し、回復へと導く。
これが何よりの喜び

救急看護課で4年間働いた後、ICUに異動しました。救急の次のキャリアとして、重症患者管理に携わりより高度な看護技術とアセスメント能力を身につけたいとの思いから、ICUを選択しました。現在は救急外来からの緊急入院の患者さま、病棟で侵襲の大きな手術を受けた患者さまなど、重症度の高い方々の看護にあたっています。ICUに入院する患者さまは小児から高齢者まで幅広く、診療科も様々ですが、心掛けているのは患者さま一人ひとりに適した看護ケアを実践すること。例えば、挿管していて会話ができない方でも、思いを汲み取るためにできる限りのことをしたいと思っています。そんな姿勢や看護ケアが効果的に働き、重篤な状態だった方が回復して一般病棟に移る時は本当に嬉しい。「ありがとう」と声を掛けていただくたび、心からやりがいを感じます。

SCENE 03
めざす将来像

めざすはジェネラリスト
なりたい看護師像に
向かって一歩ずつ

救急外来、ICUとキャリアを重ねてきましたが、私がめざしているのはジェネラリストです。まだまだ色々な分野に興味があるので、今後も様々な診療科や病棟を経験して成長したいと思っています。直近の目標としては、すぐそばで一緒に働く上司や先輩のように患者さまのことを第一に考えられる看護師になること。そのためにもアセスメント力を身につけ、患者さま一人ひとりをしっかりと見つめ、その方に適した看護ケアを提供できるようスキルを磨き、高めたいと思っています。そしてそのスキル生かし、急性期から緩和ケア、ホスピス、在宅看護まで幅広いフィールドがある淀川キリスト教病院でジェネラリストとして活躍したいと考えています。