新人看護師の1年

Preceptee 救急看護課
2018年入職

どんな時も患者さまに寄り添える看護師に

希望していた救急看護課に配属され、小児から成人までの幅広い患者さまの対応を行っています。救急外来に来院される患者さまは重症度や緊急度が高く、日々どのような患者さまが来院されるかわからないので、すべての疾患を対象とした看護の知識と技術が必要です。また夜間では救急病棟への緊急入院もあり、一般病棟と同様の看護提供能力が求められます。最初は不安でいっぱいでしたが、プリセプターや匠ナースなど先輩方がフォローしてくださり、日々奮闘の毎日です。まだまだわからないことも沢山ありますが、患者さまやご家族から信頼を得られるような看護師になりたいです。

わたしの1年目

わたしの1年目

Preceptorプリセプター

期間限定の関係ではなく
一生ものの出会いをずっと大切に

プリセプティは、人一倍頑張り屋さんで勉強家。80%できればよしとされることも、100%でなければ!と完璧を追求するタイプです。だから私は彼女には「今はここまででいいんだよ」と、あえて程々のラインを示しています。プリセプターはプリセプティの性格を踏まえた指導をすることが大事だと私は考えていて、そこは特に気を付けています。私が新人だった時のプリセプターも私のマイペースな性格を見抜き、職場での関係づくりから勉強の仕方までとても丁寧にフォローしてくれました。落ち込む私の様子を察知して、夜勤明けに「ごはん食べに行こう」と誘ってくれたことも一度や二度ではありません。プリセプター・プリセプティという関係は1年で終わりますが、この出会いは一生ものですから、私はプリセプティが困っていればいつでもサポートしたいと思っています。

Takumi匠ナース

褒めて伸ばす教育が信条。
自ら考え行動する喜びを知ってほしい

毎日が不安と緊張の連続の新人さんは、ミスすることもあると思います。もちろんミスはない方がいいですが、患者さまに害を及ぼさないミスならば私は頭ごなしに怒りません。なぜなら、怒って教えても心に残るのは「怒られた」という記憶だけ。私が理解してほしいのは、なぜそのミスが起きたのかという原因であって、怒られたという結果ではないからです。それともう一つ、意識して心掛けているのは新人さんが自分で考え、行動するのを促すこと。できないこと、困っていることは手伝うけれど、できることに手出しはしません。自分の頭で考えて、手を動かして覚えたことは絶対に忘れませんからね。あとは、新たにできるようになったこと、上手にできるようになったことは、どんな小さなことでも一緒に喜ぶことも忘れません。「成長したね」と思い切り褒めて、努力を認めることで、看護師として働くやりがいをしっかり体感してほしいと思っています。

新人看護師をフォローするシステム