新人看護師の1年

Preceptee 林 美里7階B病棟看護科
(混合外科)

先輩ナースに支えられ、日々成長しています

大学生の時に淀川キリスト教病院の老人保健施設でアルバイトをしていました。そこで働くスタッフの方々が利用者さん一人ひとりにとても丁寧に向き合う姿に惹かれ、当院への強い憧れから「淀川キリスト教病院で働きたい!」と看護師をめざすことを決めました。入職後は泌尿器科や形成、婦人科などを中心とする混合外科病棟に配属となり、手術前後の患者さまのケアを担当しています。この病棟はがん患者さまも多く、手術しても再発して入退院を繰り返す方、ターミナル期となりそのまま看取りになる方もいらっしゃいます。多くの診療科について学べ、急性期からターミナル期まで幅広い患者さまを看護できる環境はとても恵まれているとは思いつつ、1年目はできないことばかりで「自分は看護師に向いていないのかも」と思うこともしばしば。そんな時、心の支えになったのが患者さまからの「ありがとう」の一言と、プリセプターや匠ナースのみなさんの温かいサポートでした。

わたしの1年目

わたしの1年目

Preceptor 林 初穂さん プリセプター

プリセプターは私の味方!
そう思ってもらえる存在に

私がプリセプターとして心掛けているのは、自分の新人の頃を思い出して指導することです。「あの頃はこんな気持ちでいたな」とか「あの先輩にこう言われたのが自信になった」とか、自分がしてもらって嬉しかったことをプリセプティにお返しするよう意識しています。ある程度業務に慣れるまでは何をするのも怖くて、1年目はまさに緊張の連続。だからこそ新人さんが自信を持てるよう、優しい声掛けや温かい励ましが必要だと思います。私も新人時代にベテランの先輩に注意され、気づけば涙がこぼれていたこともありました。今思えば些細なミスで、特にきつく指摘されたわけでもないのですが、やっぱり1年目は不安ですからね。プリセプティそれぞれに応じて指導の仕方は違ってくるとは思いますが、私はどのプリセプティにも「私の味方だ!」と感じてもらえるような先輩でありたいと思っています。より良いかかわり方、指導の仕方を、プリセプティと一緒に私も学び、実践していけたらいいですね。

Takumi 久野 栞里さん 匠ナース

大丈夫、壁はきっと超えられる。
その頑張りをサポートしたい

プリセプターが主にメンタルを支える存在だとするなら、私たち匠ナースは確かな看護技術を指導する存在。決して技術一辺倒ではありませんが、新人ナースが着実に成長するために、時には厳しく指導することも必要だと思っています。ただし、私たち先輩ナースのちょっとした表情の変化や態度、言葉が新人さんに与える影響は思った以上に大きいもの。だからこそ、いつ、どんな時も相手の気持ちを思いやり、優しく寄り添う指導を行うことを忘れません。かく言う私も新人時代はできないことがとても多く、悔しい思いをしてきましたし、他の同期と自分を比べては落ち込んだこともありました。でも、そんな私ももう5年目。何がわからないのかもわからない時期を乗り越え、今は匠ナースとして指導に携わっています。どんなに難しいと感じる壁も、努力しつづければきっと乗り越えられる。私は新人さんを、いつもこんな風に励ましています。

新人看護師をフォローするシステム

新人ナースのとある1日

08:00 礼拝
創立以来続いている、当院の象徴的なイベントです。院内のチャペルで心を静め、凛とした気持ちで部署に向かいます。
08:45 情報収集
電子カルテで受け持ち患者さまの経過や注意点を確認。優先度を考えながら1日のスケジュールを組み立てます。
09:00 点滴の準備
午前に行う点滴のミキシングをします。間違いがないように、必ず名前・日付などを先輩とダブルチェック。
09:30 午前のラウンド
バイタルサイン測定や症状観察をしながら、情報収集での注意点を確認。観察では、患者さまとの会話やふれた時の感覚も大切です。
10:30 入院受け入れ
安心・安全に入院生活を送っていただくために、院内の案内や生活指導を行います。患者さまの希望や普段の生活を把握することも重要。
12:30 昼休憩
昼食は休憩室で手づくりのお弁当を。食堂や院内のコンビニを利用することも。同期や先輩とのお喋りで、緊張した気持ちも和らぎます。
13:30 カンファレンス
他職種のスタッフが集まり、今後の治療や看護の方向性について話し合います。1回1回が看護を深める学習の場でもあります。
15:00 検査付き添い
検査着に着替えていただくなど準備のお手伝いをし、安心できるように検査の目的や内容を分かりやすく説明します。
16:00 報告・記録作成
リーダーに患者さまの状態報告。経過や看護内容、注意点などを分かりやすく記録することが大切です。
17:20 終了
今日も1日お疲れさまでした!仕事の後に同期や先輩と食事に行くこともしばしば。病棟のチームワークにつながっています。